私が京都水族館を知ったのは、オープンの時から話題になっていたからです。

 

水族館といえば海に近い場所にあるイメージでしたが、京都駅から近い都心にできるというので話題になっていました。

 

 

その数年後には新しくJRの駅ができ、アクセスが良くなった事でまた一段と注目されたりと、定期的に情報が耳に入る施設となっています。

私は京都水族館を知ってすぐには行きませんでした。

 

迷った理由は都心部にあるためか、やはり臨海にある施設よりかなり狭くて展示生物もショーもこじんまりしていると聞いたからです。

 

 

どうせ行くならもっと特色のある水族館に行きたかったので、大阪の海遊館などが候補に上がりました。

 

 

大阪の海遊館はジンベイザメがいたり、施設も広く一日中いても飽きない規模の水族館です。

 

 

地元からは少し遠いのですが、途中でショッピングや食事もできるのでデートにはちょうど良い場所でした。

 

 

 

私が京都水族館に行った決め手、子どもが生まれて近場で遊ぶことが多くなったからです。

 

電車一本で行ける場所にありアクセスが良いので助かります。

スポンサーリンク

京都水族館へ行って感じたこと

京都水族館に行って感じたのは、新しく駅ができたわりには駅から遠いという事です。

 

 

大人の足では大した事ない距離なのですが、子どもを連れて歩くには少々遠く感じました。

 

特に雨降りなどの悪天候の時は小さいのを連れて行くには辛いと感じました。

 

しかし、梅小路公園という大きな公園の中を歩いていくので、車に注意しなくても良いのは精神的には楽です。

京都水族館の見どころ

見どころは、イルカのショーです。

 

こちらも大型の水族館に比べると盛り上がりにかけますが、小さな子どもには十分楽しめる内容でした。

 

 

比較的新しい施設なのでどこを見てもキレイで清潔な印象でした。

 

授乳室やオムツ替えのスペースもいたるところにあります。

 

 

 

食べ物はそこそこ種類はありますが、食べるスペースがあまり広くないので、食事は施設の外で食べた方が良いかもしれません。

 

天気が良い日は公園でピクニックしても気持ち良いと思います。

スポンサーリンク

京都水族館のイルカショーの楽しみ方

私が京都水族館に行った時にやることは、まずはイルカショーの時間をチェックし、その時間に合わせて他の展示を見る事です。

 

イルカショーは人気があるので、時間より前に皆さん場所を取られていました。

 

 

観覧席からは、遠くにJRの線路が見えて、新幹線が行き来するのを見られます。

 

 

電車好きな方には待っている間も楽しめます。

 

 

 

軽食を持ち込んで、景色を見ながら、軽食をつまみながらショーの始まりを待つという事もできるのでオススメです。

残念に思うこと

京都水族館の残念な点は、最寄りの駅から大人の足で徒歩10分弱かかるという事です。

 

 

天気が良ければプラプラお散歩しながら、歩いて行けますが、悪天候の時はツライです。

 

 

水族館自体が天候関係なく遊べるので、冬や雨の日に行こうかなとなる場所なのに、アクセスが天候に左右されてはもったいないと感じます。

 

 

特に後から駅ができたのであれば、もう少し何とかならなかったのかなと感じます。

 

 

駅から施設までのトロリーバスなどがあれば良いのにと思いました。

京都水族館をおすすめな人

京都水族館をおすすめしたい人は小さなお子様連れのご家族です。

 

 

施設自体がそれほど広くないので、全てじっくり見て回るのに2時間もあれば充分です。

 

見るだけで疲れるという事もないので程よいコンパクトさだと思います。

 

 

館内はバリアフリーになっているのでベビーカーでも問題ないです。

展示方法もオシャレで飽きませんよ。

まとめ

まずはイルカショーの時間をチェックしてから行きましょう。

 

良い席で見たいなら、始まる30分前には席を取った方が良いですよ。

 

水に濡れる前方の席も結構人気でしたよ。

 

 

食事はそんなに数も種類もないから、外で済ますのが良いかもしれません。

 

 

 

京都駅近辺にはたくさん食事のできるところがありますから困ることは無いと思います。

 

 

 

見どころは、クラゲのランプです。

 

クラゲの形をしたランプがたくさんぶら下がっているところがあるので、ぜひ探して見てください。

 

 

薄暗くい空間が海の中にいるような雰囲気を出しててオシャレです。

スポンサーリンク
おすすめの記事
生活情報
私が町田啓太さんを知ったのは、ドラマ「中学聖日記」です。 顔の整った方だなという印象でした。 そのときは劇団EXILEのメンバーだとい...